d

NEWS 2017

Symposium "We are descendants of the gardener suffering discrimination: The 20th anniversary of Bank of Yanagihara Memorial Museum"
柳原銀行記念資料館20周年記念シンポジウム 「われら山水河原者の末裔なり」

October 28, 2017, 17:00 - 19:00
Suujin Storage of Funaboko (Kawaramachi-Shiokoji, Kyoto-City)
崇仁船鉾保管庫(京都市河原町塩小路下る西側)

主催:京都市・柳原銀行記念資料館

・山内政夫(柳原銀行記念資料館事務局長)「我ら,山水河原者の末裔 なり〜芸大移転に寄せて〜」
・中村伸之(ランドスケープアーキテクト(景観設計家))「自然とい う異界と交わる」
・佐藤知久(京都市立芸術大学資源研究センター准教授)「アーカイブ と歴史的想像力」

・司会進行:井上明彦(美術家/京都市立芸術大学教授)

講演の後,上記3氏によるパネルディスカッション

柳原銀行記念資料館20周年記念特別展

design : INOUE Akihiko → download(1.8MB)

Book Design "Mieko Shiomi Performance Works 1964-2016"
『塩見允枝子パフォーマンス作品集 1964-2016〜フルクサスをめぐる50余年』のブックデザインを担当しました。

artsits_toys2015

*内容、入手先については、京都市立芸術大学芸術資源研究センターの関連サイトへ --->(*)

Group Show "Small Toys by Artists" 「作家たちの戯び心—掌サイズのおもちゃ展」

16 - 28 May 2017, 12:00-19:00, Monday closed
Gallery 4_Gallery Maronie, Kyoto

artsits_toys2015

京都の老舗画廊マロニエが企画するグループ展です。

Exhibition as Media 2015-2016
新シク開イタ地 Shin-Kai-Chi: What is land?

February 25 - March 6, 2016
神戸アートビレッジセンター Kobe Art Village Center


新シク開イタ地 2016
新シク開イタ地
pagetop

Group Show "Calendar for 2016"

8 - 20 Dec. 2015
ART SPACE NIJI, Kyoto

calendar_for_2014DM

2年に一度開催される恒例のアートカレンダー企画展です。

展覧会「散歩の条件」 —井上明彦・今村源・日下部一司・三嶽伊紗—
Exhibition "Conditions of Walking"
- INOUE Akihiko, IMAMURA Hajime, KUSAKABE Kazushi, MITAKE Isa -

Dec.1-6, 2015 12:00 - 19:00
ギャラリーすずき|京都 Gallery SUZUKI, Kyoto

-----
散歩とは何だろうか?
散歩の条件とは何だろうか?
散歩は目的を持たない。
あるいはそれ自体が目的と言える。
歩む足と身体、
地面のさまざまな質感と起伏、
歩みとともに移り変わる視野と光景、
予期せぬモノやコトとの出会い、
いや、散歩の条件は、
それらのもっと手前にあるのかもしれない。
-----


散歩の条件 Conditions of Walking

散歩の条件 Conditions of Walking

design : INOUE Akihiko → download(1.4MB)


京都・蹴上にあるギャラリーすずきは、32年間、若手作家を中心にした現代美術の画廊として活動してきました。
同画廊はこれをもって閉廊します。
通常のグループ展ではなく、「散歩の条件」を探る4人の研究と実験の報告になります。

第1回日台国際シンポジウム「京都市立芸術大学移転を機に "マイノリティ・まちづくり・民主と人権" を考える」
First Japan-Taiwan International Symposium "Thinking about Minority, Democratic Town Planning and Human Rights"

November 27(Fri), 18:00-19:15 東本願寺 枳殻邸(渉成園) Shosei-en-Garden, Higashi-Honganji Temple
November 28(Sat), 9:45-17:50 故郷の家・京都 雲史ホール Kokoro-no-ie, Kyoto

入場無料・同時通訳あります。 Admission Free, with Simultaneous interpretation

主催 organizarion:
TED財団法人台湾民主基金会 Taiwan Foundation for Democrasy
NPO法人京都景観フォーラム Kyoto Keikan Forum

共催 Co-organization:
崇仁まちづくり推進委員会 Committee for Suujin Town Planning
京都市立芸術大学 Kyoto City University of Arts(→*関連ページ related page
台湾・東海大學日本區域研究中心 Japan Study Center, Tunghai University
都市環境デザイン会議 Japan Urban Design Institute、 ほか


Suujin Internationa Symposium 2015

leaflet design : INOUE Akihiko → download(655kB)

Group Show "Teachers Show 2015" 「先生展2015〜めばえ〜」

Oct.31, Nov.1, Nov.2, 2015, 9:00 - 18:00
京都市立芸術大学・大ギャラリー Art Gallery of KCUA

artsits_toys2015

京都芸大総合芸術学科の学生が企画する教員5人の展覧会です。
作品とその発想・制作プロセスを示すエスキスや資料を展示。

Group Show "Small Toys by Artists" 「作家たちの戯び心—掌サイズのおもちゃ展」

15 - 27 September 2015, 12:00-19:00, Monday closed
Gallery 3_Gallery Maronie, Kyoto

artsits_toys2015

京都の老舗画廊マロニエが企画するグループ展です。

「浮田要三を語る会」 Talking on Yozo Ukita

August 8(Sat), 2015, 15:00〜16:30 
ENOCO 大阪府江之子島文化芸術創造センター 4F

・おーなり由子(漫画家・エッセイスト)/堀尾貞治(美術家、もと具体)/金川富紀子(保育造形の会)/井上明彦
・中塚宏行(司会進行・大阪府府民文化部都市魅力創造局)

浮田要三の仕事展 2015/7/28 - 8/23 江之子島文化芸術創造センター

主催:浮田要三の仕事展実行委員会


浮田要三を語る会

leaflet design : HeiQuiti Harata → download(426kB)

「アジアの管弦楽の現在 3」会場ヴィジュアル
Present of Orchetral Asia 3 visual and acoustic design

2015年5月31日(日) 14:00〜17:00 京都市立芸術大学大学会館ホール

主催:京都市立芸術大学音楽学部中村研究室(作曲)
美術:井上明彦/照明:木下栞/録音:西村千津子

→コンサート概要


orchestral-asia3_1
orchestral-asia3_2
orchestral-asia3_3

オーケストラには不向きな京都芸大大学会館の音響改善を目的とした美術です。

Workshop "Tracing the trace of a lost river"「水のみちをたどる: Tracing Suujin フィールドワーク」

4 april 2015, 14:00-15:30
崇仁地区(もと崇仁小学校から出発)、京都駅東側 Suujin Area, east of Kyoto Station
a part of the exhibition "still moving"

水のみちをたどる Tracing Suujin フィールドワーク

Parasophia 京都国際現代芸術祭特別連携プログラム/京都市立芸術大学プレ移転事業 "still moving" 展の一環です。


pagetop

NEWS 2014

"Charity Exhibition by Contemporary Artists" 現代作家作品展2014-2015

15 December 2014- 07 January 2015, 12:00-19:00
closed on 17,18,24,25 December
Galeie Cinq , Nara

ギャルリ・サンク現代作家作品展2014-15

奈良町の画廊ギャルリ・サンクが企画するチャリティ小品展です。
売上げ金の一部は東日本大震災被災者の子供たちに寄付されます。
年末・年始も開廊しています。

na ra : 水と地のあいだ
井上明彦・岡田一郎・田中朝子・二瓶晃

2014年10月4日(土)〜19日(日)
ギャルリ・サンク、奈良

na ra -- balancing water --
INOUE Akihiko, OKADA Ichiro, TANAKA Asako, NIHEI Akira

04 - 19 October 2014
Galerie Cinq, Nara


"ならの原初のゆらぎに出会うための<観光ガイド>"

4人の美術家が、ならとその周辺のフィールドワークや研究を重ねながら、 複合的メディアによるインスタレーションを通じて、
日本の古都を地理的・地質学的次元から捉えなおす実験的試みです。 いわゆる「グループ展」ではありません。


na ra : 水と地のあいだ展DM

DM design : NIHEI Akira → DM download(2.4MB) 

----------
◎第2回 サロン・サンク Salon Cinq vol.2
10月4日(土) 17:00から
ゲスト:中川貴央(プロジェクト「あかめのおこめ」)
無農薬自然栽培によるお米をいただきながら、生きていくことに関わるいろんな話をします。

----------
◎第3回 サロン・サンク Salon Cinq vol.3
10月11日(土) 14:00から
ゲスト:立石堅志(考古学・まちづくり)
「文化財としての奈良町」のお話と、新しい視点でのまちあるきを楽しみます。

----------
◎第4回 サロン・サンク Salon Cinq vol.4
10月19日(日) 14:00から
「な・ら・す」というテーマで頭と体を使うワークショップを行います。 定員10名(申込順)

いずれも参加無料。問合せはギャルリ・サンクへ(tel&fax0742-31‐8029)へ

Group Show "Small Toys by Artists"「作家たちの戯び心—掌サイズのおもちゃ」

23 September - 05 October 2014
Gallery Maronie, Kyoto

2.5 dimension

京都の老舗画廊「マロニエ」が企画するグループ展です。

「光は曲がらない 4 lessons of photography」
Group Show "Light does not curve : 4 lessons of photography"

|INOUE AKihiko|SATO Hirokazu|MITAKE Isa|YAMAGUCHI Yoshiomi|

May 20(tue) - Jun 7(sat), 2014
open 11:00-19:00 (closed Sunday and Monday)

MATSUO MEGUMI + VOICE GALLERY pfs/w, Kyoto


光は曲らない:4 lessons of photography

美術、映像、写真、デザインに携わる4人による写真展です。

Group Show "BOOK ART 2013-14 Japan-Korea"

March 22(sat) - 30(sun) 2014
open 11:00-19:00 (reception: March 21, 16:30-19:00, Artist Talk 17:00-)
Nakanoshima Design Museum de sign de > , Osaka

中之島デザインミュージアム

pagetop

NEWS 2013

Group Show "Calendar for 2014"

10 - 22 Dec. 2013
ART SPACE NIJI, Kyoto

calendar_for_2014DM

2年に一度開催されるアートカレンダーの企画展。毎回参加しています。

INOUE Akihiko "Toits incertains" 井上明彦「ふたしかな屋根」

"Il faut que le toit est incliné." 「屋根は傾いていないといけない。」

13 - 26 oct 2013
Galerie Cinq, Nara

井上明彦展DM2013a

井上明彦展DM2013b link to Galerie Cinq

→ DM download(1MB)  

Group Show "2.5 dimension: Rethinking of Painting" 「2.5次元〜絵画考〜」

June 25 - July 7, 2013
Gallery Maronie, Kyoto

2.5 dimension

京都の老舗画廊「マロニエ」が企画するグループ展。2009年以来毎年参加しています。

「アジアの管弦楽の現在」Present of Orchetral Asia

2013年5月25日(土) 14:00〜18:00 京都市立芸術大学大学会館ホール →関連サイト

主催:clumusica 京都市立芸術大学音楽学部中村研究室
美術:井上明彦(布絵・布立体ほか)・城田香菜子(泥染+藍染)


clumusica130525
clumusica130525
clumusica130525
clumusica130525

オーケストラには不向きな京都芸大大学会館の音響改善を目的とした美術です。

講演会+シンポジウム『美意識の変容』企画展示
Special Exhibition for Symposium "Metamorphosis of Aesthetic Sense"

January 5 (sat) 2013, 13:00〜17:30 Osaka Central Public Hall ⇒ link


2.5 dimension

sympo20130105

講演者:新宮一成(京都大学大学院人間・環境学研究科教授/精神分析)
    鷲田清一(大谷大学教授・哲学)
    建畠晢(京都市立芸術大学学長・美術評論)
-----------
作品展示:石橋義正、伊東宣明、井上明彦、岡田彩希子、奥村里菜、倉智敬子、高橋 悟、南條沙歩、林 剛、前谷康太郎、前田菜月
-----------
展示監修:高橋 悟
ポスターデザイン+原画:井上明彦  ⇒ ダウンロード (5.37MB)
-----------
主催:京都大学大学院人間・環境学研究科 新宮一成精神医学的精神分析学プロジェクト

pagetop

NEWS 2012

Salon Internationale de l'Artisanat de Ouagadougou 2012 ワガドゥグ国際工芸見本市2012

26 oct - 4 nov, 2012
Ougadougou, Burkina Faso

SIAO 2012

  


ブルキナファソ日本大使館の依頼により、ワガドゥグ国際工芸見本市 SIAO(Salon International de l'Artisanats de Ougadugou)に参加、「つちのいえ」プロジェクトと「アクアカフェ」、および京都市立芸術大学工芸科の教育内容の紹介展示を行います。
SIAOは、首都ワガドゥグで2年に1度開催されるアフリカ最大級の国際工芸見本市で、約30ヶ国のアフリカ諸国、フランスなどの西欧諸国、中東諸国、中国、台湾などが参加し、フェスパコ映画祭と並んでブルキナファソのもっとも有名な国家的行事です。
2012年度は日本が特別招聘国となり、新パビリオンの建設を行いました。(→West Africa Trade Hubのサイト)

「つちのいえ」プロジェクトは、昨年のブルキナファソ調査の際、芸術文化に明るい杉浦勉大使の知るところとなり、今回、現代日本における伝統技術の創造的活用の事例として、京都芸大の工芸科教育と合わせて、紹介展示を求められたものです。

Group Show "2.5 dimension: Rethinking of Painting" 「2.5次元〜絵画考〜」

May 29 - Jun 10, 2013
Gallery Maronie, Kyoto

2.5 dimension Gallery MARONIE

京都の老舗画廊「マロニエ」が、2009年以来、毎年企画しているグループ展です。

INOUE Akihiko "Par hasard: 2 et 5"  個展「偶々、2と5」

17-22 avril, 2012
Gallery SUZUKI, Kyoto

Parhasard: 2 et 5_DM ギャラリーすずき

「私が、手足が2本、指が5本のヒトとして生きているのは、偶々である」——井上明彦



 *画廊オーナーの鈴木淑子さんが、2012年6月16日、ご逝去されました。