自由工場ロゴ


煙突型のマークの楕円は
「お金がない」のゼロと
かたちのない想像力の煙を
表わしています。
(design: INOUE Akihiko)

・・・・・


*大供(だいく)ビルを提供下さったのは、牛窓に本社がある日本オリーブ株式会社会長の服部恒雄氏です。

服部恒雄氏は、自由工場に先立って、牛窓国際芸術祭のプロデュースなど、地域社会と芸術を結び付ける先駆的な活動を支援してこられましたが、2016年12月に逝去されました。つつしんでご冥福をお祈りいたします。

自由工場入口

しばたゆり_ダストプリント

井上明彦_天使の眼

藤本由紀夫_屋上の耳

井上明彦_OFF THE FLOOR

自由工場_コミッティー

自由工場総会

「自由工場」とは、1993年末から1995年春まで、岡山市内の解体予定のビルを利用して、美術家・建築家・市民・学生らが自主運営したオルタナティヴ・アートスペースです。

資金ゼロから出発した自由工場は、岡山だけでなく関西・関東からも多くのアーティスト・文化関係者が参加し、総勢400名を越える「工員」に支えられた想像力の町工場でした。

ここから地域と関わるさまざまなアートの動きも生まれました。



『自由工場記録集』

自由工場記録集

B5版、120頁、モノクロ写真160点


*在庫あります。ゆうメール便代300円で入手可能です。

ご希望の方は、300円分の切手とともに、
送り先を記した返信用封筒(角2か角3)を下記までお送りください。
同封筒にて折り返し『自由工場記録集』をお送りします。(問合せも下記まで)

井上明彦 〒617-0852 長岡京市河陽が丘1-18-7 tel&fax 075-955-5988